中小企業診断士はじめて講座

【将来おすすめの資格】中小企業診断士はAIに勝てるのか?

本記事を読んでいただきたい方
  • 中小企業診断士を目指している方
  • 中小企業診断士を取得したいけど一歩踏み出せていない方
  • 中小企業診断士の方
  • 何か資格を取得したいと悩まれている方

本記事では、これからの時代を予測しながら、中小企業診断士の可能性と潜在能力、ドラクエ並みの秘めたるチカラについてご紹介したいと思います。

中小企業診断士を取得しようか悩まれている方や何か資格をとりたいと思われている方に読んでいただきたいと思います。私の中小企業診断士に対する熱い思いも語ります。

\独学と同コストで通信を受けよう/

診断士ゼミナールで
最短合格を目指す
診断士ゼミナール「レボ」

これからの時代「AI vs 中小企業診断士」

IoTや人工知能(AI)、ロボットなどが我が国の産業構造を大きく変えようとしています。ドイツでは、2012年から「インダストリー4.0」を打ち出し、我が国でも第4次産業革命の到来とメディアを賑わせています。

AIはすごい!?

AIに代表され、消費者に一番身近なものと言えば、「Amazon Echo」や「Google Home」ではないでしょうか。声をかけると、音楽や動画再生、天気予報のお知らせ、アラームのセットなどを行ってくれるものです。ちなみに筆者は、「Amazon Echo」と「Google Home」の両方を持っています。

Amazon EchoとGoogle Home

「Amazon Echo」では、「アレクサ!クラシック音楽を再生して」とお願いするだけで、クラシック音楽を流してくれます。「Google Home」では、「ねぇグーグル!おかあさんといっしょの動画を再生して」とお願いするだけで、テレビで動画を流してくれます。

筆者は、音楽の再生は「Amazon Echo」をメインに、動画の再生は「Google Home」をメインに使っています。

筆者自身、3歳の子どもがいるのですが、「アレクサ!ぼよよん行進曲を再生して」とか「ねぇグーグル!仮面ライダービルドの動画を再生して」と子ども自らが話しかけて遊んでいます。私の子ども時代では考えられません。

教育的な観点から言うと、あまり詳しくないので、良いのか悪いのか判断できませんが、これからはこのような世の中になっていくことは誰もが予測していることだと思います。プログラミングも教育に加わってきますし。将来なりたい職業はユーチューバ―という小さな子でさえ存在します。

筆者は、昔からゲームが好きで、ファミコンやディスクゲーム、スーパーファミコンなどに熱中していました。そのため、わが子には現在のハイスペックなゲームからやらせるよりも、初代マリオブラザーズからやらせようと心に決めています。どうでも良いことですが(笑)。

私には関係ないは衰退の一途をたどる

私の3歳の子どもでも、「アレクサ」、「ねぇグーグル」と話しかけています。でもまだまだライトのついた様子を視覚的に捉え、言葉を発するタイミングをはかることには慣れていませんが。であっても小さな頃からそういった環境で生活し、慣れ親しんでいます。

小さなお子さんを抱える親御さん、遊びや勉強に夢中の中学生や高校生、勉学に励み就職先をどこにしようか悩まれる大学生、仕事でキャリアを積もうと考える20歳~30歳台のバリバリの社員の方、そして、中小企業診断士を独学で目指している受験生の皆様、「私には関係ない」では取り残される時代が到来します。

仕事でも勉強でも遊びでも、まずは、行動が大事です。私のように小説好きで、落ち着く音楽を聴きながら小説を読みたい方、勉強の休憩時間に音楽を聴きたい方、とりあえずAIというものに触れてみたい方、時代に取り残されたくない方はアマゾンエコーやグーグルホームは気軽に楽しめておすすめです。

現在、アマゾンエコーは招待販売です。詳細は以下のタイトルまたは画像をクリックしてください。Amazon.co.jpの該当ページに移動します。

あわせて、音楽を楽しむには、Amazon Music Unlimitedが超便利ですね。気軽に音楽を楽しめます。電車などの移動時間などスマホで音楽を聴きながら中小企業診断士の試験勉強をする、そんな姿が想像できます。無料体験もできるので、ぜひお試しあれ。

音楽を聴きながら勉強は良いの?悪いの?

以前、テレビ番組で脳科学者がこう言っていました。

「音楽を聴きながら勉強すると、集中しているときと集中していないときが明確にわかる」

つまり、集中していないときは音楽の歌詞や曲が頭の中に入ってきて、反対に、勉強に集中しているときは、勉強を終えた後何の音楽を聴いていたか覚えていないようです。音楽の内容が頭に入ってきたら集中できていない証拠なので、音楽を聴きリラックスすると良いと思います。

また、東大生のアンケートでも、なんと6割が音楽を聴きながら勉強しているそうです。集中しているときと集中していないときがわかるので、効率的な勉強ができるらしいです。

さて、話が少し脱線しましたが、いよいよ本題です。中小企業診断士の魅力や可能性、ドラクエ並みの秘めたるチカラについて紹介したいと思います。これから中小企業診断士を目指す方、何か資格を取りたい方、時間を持て余している大学生、勉強に励み自分を磨き上げたいと考えている大学生の皆様、必見です。

中小企業診断士はAIに勝つ??

2017年のデータですが、日本経済新聞に興味深いデータが掲載されていました。

  AIによる代替可能性 資格試験の合格率
弁護士 1.4% 25.9%
司法書士 78.0% 3.9%
弁理士 92.1% 7.0%
行政書士 93.1% 9.9%
公認会計士 85.9% 10.8%
税理士 92.5% 15.8%
社会保険労務士 79.7% 4.4%
中小企業診断士 0.2% 3.4%

(出所:2017.9.25 日本経済新聞 当サイト一部改変)

上のデータを見て、どの資格に可能性を感じましたか??これからは、AI(人口知能)やIoTなど、情報化の進展がますます加速度を増す時代です。難関である資格や当該資格の独占業務も、ワンクリックや「会社を登記して」、「確定申告して」と話しかけるだけで、手続きができるようになるかもしれません。

では、これからの仕事や自己実現、キャリアパス、スキルアップを考えたとき、中小企業診断士の可能性は絶大だと思います。仕事の形は100社あれば100通りあるように、経営コンサルタントの仕事も100社あれば100通りあり、社長や社長の右腕、従業員とのコミュニケーションの数や内容は無限大にあり、AIには代替できないと思います。

極論ですが、もし、中小企業診断士をはじめとした経営コンサルタントの仕事をAIが代替できたとすれば、企業は必ず成長するという結論に至ります。中小企業診断士の仕事は企業を成長させることですから。また、AIやIoTが当たり前の世の中になって、ビジネスの形やフローが画一化した場合、何が差別化できるのかを考えることができるのは中小企業診断士であると思っています。

何か資格を取得したいあなたへ

世の中には、様々な資格や検定試験があります。取得したい資格が明確な人や明確になっていない方、そのどちらであってもキャリアアップ転職に有利な資格将来有望な資格など少なからず気になると思います。

世の中の人が取得したい資格ナンバーワンは?

「日経キャリアマガジン 資格・スキルランキング2016」によると、なんとナンバーワンは、中小企業診断士なんです。

中小企業診断士は、経営知識を学べるだけではなく、論理的思考能力を養うことができ、仕事に対する考え方も変化します。実際、筆者がそうです。職場においての発言権も強くなりますし、業務一つ一つをミクロに見ることだけでなく、事業や戦略といった経営的な視点でマクロに会社全体を俯瞰できるようになります。

現在、中小企業支援機関や銀行、コンサルタント会社など、中小企業診断士の有資格者を採用条件としている企業も多く、転職にも非常に有利な資格であると思っています。

やはり、一個人として、実感できるのが、自らの成長と考え方の変化です。置かれた立場は人それぞれですが、職場において、学校において、私生活においてなど、どの場面においても物事の見方や多面的に考える力など、変化した自分を実感できると思います。まるでスーパーサイヤ人になったみたいです。

しかし、驕ることは禁物です。謙虚であることが成功している診断士の共通項です。

中小企業診断士の基本業務

中小企業診断士の基本業務に関しては、「中小企業診断士の概要」の記事で紹介していますので、以下の記事をご覧ください。

プロコンが語る!中小企業診断士とは?【可能性無限大説】中小企業診断士を勉強するうえで、中小企業診断士の制度や役割、業務内容を理解することは大事。試験に着眼点を置き、中小企業診断士の将来性等についても紹介しています。...

中小企業診断士試験の合格率のカラクリ

それでも合格率が3%~4%では、中小企業診断士に合格できるのかという疑問が生じます。

でも実はこの合格率、一次試験の合格率と二次試験の合格率を掛け合わせたものなのです。筆者は名刺に中小企業診断士と肩書を入れているのですが、名刺交換をした際など、「中小企業診断士って難しいんですか?」と聞かれるときがあります。そのときは、合格率的には、3~4%くらいと言って、難しさをアピールし、「すごいですね」という返答にちょっとだけ優越感を感じたりしています。

中小企業診断士 一次試験の特徴

中小企業診断士の一次試験の合格率は20%くらい、二次試験の合格率も20%くらいで、掛け合わせると4%になります。中小企業診断士の一次試験単体で考えると合格率20%なので、国家資格としては普通の合格率です。あと、間違った勉強法をしなければ一次試験は勉強すれば誰でも合格可能です。

一次試験の最短合格法はこちら

中小企業診断士 二次試験の特徴

二次試験も合格率20%ではありますが、論述式なので、少しコツが必要です。

中小企業診断士の二次試験は合格する人と合格できない人の二極化というと言い過ぎかもしれませんが、筆者のように1~2年で合格できる人もいれば、10年かかっても合格できない人もいます。

でも大丈夫です。筆者も独学で働きながら2年で合格できました。このサイトで記載されていることを実践していただければ、合格はすぐ目の前です。

一次試験、二次試験でおすすめのテキストや過去問、問題集を以下に紹介しておきますので、ぜひ、中小企業診断士を目指していただきたいと思います。独学でも可能です。当サイトとしても全力で支援させていただきます。

中小企業診断士の一次試験を独学で目指す方に必須!過去問完全マスター

過去問完全マスターは中小企業診断士試験の一次試験にとっておきの過去問集です。

一問一答形式で、論点別に過去問が整理されています。この論点別というのがポイントです。非常に勉強しやすく、理解レベルや進捗を把握しやすいです。

スキマ時間にもできるので、中小企業診断士の試験問題に日常から触れられ、勉強すること日課にできます。まさにマイルストーン!

中小企業診断士の二次試験を独学で目指す方に必須!ふぞろいシリーズ

ふぞろいシリーズは、中小企業診断士試験の二次試験では知らない人はいないほど有名なテキストです。二次試験は解答が公表されません。必要なのは、大手予備校が時間をかけて作った普通の一般人では解答のできない解答例ではなく、実際の合格者が試験当日書いた生の再現答案です。その合格答案と同レベルの解答が書ければ合格です。まずは、合格者のレベルを知りましょう。合格者には失礼ですが、そんなにレベルは高くはないです(筆者もです)。

まとめ

少し脱線しましたが、本記事をまとめたいと思います。

中小企業診断士の秘めたるチカラ

中小企業診断士はこれからの時代、AI(人工知能)やIoTなど経済環境が目まぐるしく変化していく中で、絶大なる力を発揮できる可能性を秘めた資格だと思います。AIによる代替可能性はたったの0.2%です。

産廃診断を中小企業診断士の独占業務と言われる方も見えますが、中小企業診断士には独占業務はありません。つまり、何でもアリなのです。AIやIoTが進展すると、ひょっとしたら経営コンサルは中小企業診断士の独占業務になるかもしれません。

我が国では、まだまだコンサルという仕事の理解が、企業に浸透していません。「コンサルにお願いする企業は、コンサルがいなくても伸びる」と尊敬できる診断士の方がおっしゃっていました。コンサルにお願いする企業や経営者は、自らの企業を良くしたい、成長させたいという気持ちが非常に強いです。これはコンサルは必要ないという話ではなく、コンサルにとっての潜在的ニーズは十分あるということです。そういった経営者とコンサルが一緒になれば、さらに、また、そのさらに企業を成長させられると感じています。

中小企業診断士って素敵

中小企業診断士の活躍の場は本当にたくさんあります。現在の仕事場で診断士としての力を発揮させてもよいですし、転職して自身の力を試すこともできるし、独立して個人事業や会社をおこすことだってできます。

他の士業(サムライ業)はよく手続き業務だと言われます。中小企業診断士は違います。中小企業診断士は、企業の相談の入り口からずっとその企業に寄り添い、将来継続的に支援することができます。そんな資格って素敵ですね。

面舵いっぱい

市場の波が激しい大海原で、その波を回避したり、目的地までの海図を描き、企業という船を舵取りの社長や一等航海士である従業員とともに船を漕ぐ、それが中小企業診断士の仕事です。

もちろん、おすすめの資格は中小企業診断士です。

中小企業診断士の最短合格法を見る

にほんブログ村に参加しています。
ぜひ、1ポチしていただけると幸いです。
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
ABOUT ME
診丸(しんまる)
診丸(しんまる)
中小企業診断士の診丸(しんまる)です。 平成23年に中小企業診断士一次試験合格、平成24年に中小企業診断士二次試験に合格しました。 受験中はサラリーマンで、プライベートでも結婚という一大イベントもありながら、私のような普通の人が2年で中小企業診断士試験に合格した勉強法を中心に診断士の全てを紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です