二次試験

中小企業診断士の二次試験の解き方・解答手順【プロコンが教えます】

中小企業診断士の二次試験ってどうやって解くの?合格答案を書くための解き方を教えてほしい。

予備校の模範解答は難しいから、一般人でも合格できる答案の書き方を教えてほしい。

こんな疑問にこたえます。

二次試験の独学者では、実際にどのように勉強したら良いのかわからない受験生が多いですよね。

そこで、二次試験の第1回目の受験は訳も分からず受験して不合格になり、2年目は合格するための解き方を実践し、実際に合格できた実体験に基づき、

一般人でも二次試験に合格できる解き方

をご紹介します。

合格者の試験後の問題用紙の感じなんかもお伝えしていきますので、ぜひ二次試験を解くうえでの参考にしてくださいね。

解答手順を知る前に、中小企業診断士の二次試験では合格を左右するタイムスケジュールの話

二次試験では、1事例80分と解答時間が限られており、タイムスケジュールは合格を左右すると言っても過言ではないほど非常に大切です。

中小企業診断士二次試験の過去問を通じて、何回も問題練習をし、自分なりのタイムスケジュールを確立するのが一番です。

しかし、独学者の皆様は、現在、合格者ではありません。

そのため、合格者である筆者が、中小企業診断士二次試験で必要な工程をどのようなタイムスケジュールで取り組んでいたかをご説明しますので、ぜひ、参考にしてみてください。

私は、何回も何回も中小企業診断士二次試験の過去問を解き、自分なりのベストなタイムスケジュールを確立しました。

自分なりのタイムスケジュールが確立できると、あとは、当該タイムスケジュールが

体感でわかるくらいになるまで過去問を繰り返し解きます。

以下では、中小企業診断士二次試験で、タイムスケジュールを確立するうえで、必要な解答手順を説明しています。

ぜひ参考にしていただき、自分なりのベストなタイムスケジュールを確立しましょう。

タイムスケジュールを確立したら、当日は出来不出来に関わらずそのタイムスケジュールを遵守するようにしましょう。

日頃の勉強と違ったタイムスケジュールにしてしまうと、それだけで焦ってしまい、後悔先に立たずです。

中小企業診断士の二次試験の解答手順はコレだ!

二次試験で必要な要素として、「読む」・「考える」・「書く」があり、その各々でタイムスケジュールを確立できると良いとよく言われます。しかし、一般の受験者にとって、既述の3つの要素を別々にこなすのは至難の業であると思います。よっぽど経験を積まないと不可能です。書く時間に集中しろといっても、どうしても考えてしまうのが普通の人間であると思います。筆者もチャレンジはしましたができませんでした。普通の人間でした。そのため、一般人でもできる標準化された解答手順を確立しましたので、ぜひ何度もトライして、自分のものにしてください。

解答手順1設問リーディング

受験番号を書くといった内容は絶対的なものとして、まず、問題が配られたら、設問を読解します。これが設問リーディングです。

設問リーディングメソッドについては、「二次試験の設問リーディングメソッド」で紹介していますので、ご覧いただいていない方はまず、以下の記事をご覧ください。

[blogcard url=”https://www.shindanshi-shiken.com/nijisetsumon/”]
設問リーディングでは、設問1問ごと(設問の前にあるリード文も含む)に、出題者の意図である解答の主語を特定し、出題者のヒントである制約条件を把握し、それに合った一次試験の知識や切り口を書き出します。そして、ラフすぎる解答フレームを設問文の下の余白に書き留めておきます。最後に、もう一度設問文全体を眺めることで、仮説の事例のテーマを考えます。その事例テーマを問題用紙の上の余白に書き出します。

解答手順2与件リーディング

設問リーディングが終わったら、与件リーディングを行います。与件リーディングメソッドについては、「二次試験の与件リーディングメソッド」で紹介していますので、ご覧いただいていない方はまず、以下の記事をご覧ください。
[blogcard url=”https://www.shindanshi-shiken.com/nijiyoken/”]
与件リーディングでは、与件文をただ読むだけでなく、段落ごとに診断士として読むことが大切です。具体的には、段落を単語で要約すること、業種をチェックすること、一次試験知識や切り口を書き出すこと、設問文で出てきたフレーズをチェックすること、時系列をチェックすること、接続詞をチェックすること、ネガティブ発言をチェックすること、気になった箇所をマークすること、を行います。さらに、仮説の事例テーマを検証します。

解答手順3設問のポジショニング

この設問のポジショニングは非常に重要です。中小企業診断士独学予備校はなまるでは、『二次試験に必要な一次試験知識(全事例共通)』として、フェーズ概念について説明しています。まだ、当該記事をご覧いただいていない方は、まず、以下の記事をご覧ください。
[blogcard url=”https://www.shindanshi-shiken.com/ichijichishiki/”]
設問リーディングと与件リーディングが終わったら、もう一度、設問を読み、それぞれの設問に対してフレームワークを意識して、どのフェーズの概念で解答するかを考えます。これが設問のポジショニングです。現状分析について問われている設問に対して、全体戦略の内容を解答すると0点になります。全体戦略の内容を問われている設問に対して、機能別戦略の内容を解答すると0点になります。フェーズを間違えてはダメです。

では、具体的に、設問のポジショニングの方法を説明します。

設問全体を見て、設問1問1問がどのフェーズに対する設問かを考えます。必ずしも、すべてのフェーズについて問われるとは限りません。現状分析(環境分析)で2問、機能別戦略で2問というケースもあります。該当するフェーズがわかったら、設問文の左横の余白にフェーズの名称を簡単に記載します。

例えば、現状分析でいえば、「現」、全体戦略でいえば、「戦略」、機能別戦略でいえば、「組織」、「人事」といった感じで記載します。

また、「中小企業の診断及び助言に関する実務の事例」という試験名称にもある通り、診断・分析の設問か、助言・提案の設問かもチェックしましょう。

平成24年の事例Ⅰで、設問リーディングと与件リーディングを終え、設問のポジショニングまでを行った設問文の状態(一部抜粋)は以下です。

中小企業診断士|二次試験設問ポジショニング
筆者の場合は、より時間を節約するために、フレームワークにおけるフェーズが機能別戦略の組織であれば、「組」という一文字だけを書いていました。立派な表やフレームワークなどはつくる必要はありません。自分で理解できれば大丈夫です。「このフェーズで書くんだ」と自分の意識の中に落とし込めればOKです。中小企業診断士二次試験の出題者は、必ず、設問ごとにどのフェーズの内容を答えさせたいか、設問文や与件文を通じてヒントを与えてくれています。その情報を見逃すと、当然、トンチンカンな解答=出題者が意図していない解答になってしまい、点数はもらえません。

そのため、中小企業診断士の二次試験においては、設問のポジショニングが非常に重要です。そして、その大前提となる、設問リーディングと与件リーディングは必ずマスターしてもらいたいです。

当サイト、中小企業診断士独学予備校はなまるでは、独学者や社会人が設問ごとのフェーズを間違えないように、今後も過去問等を通じて解説していきますので、ぜひご愛顧ください。

解答手順4解答フレームを因果で矢印書き

さて、いよいよ解答のフレームを作成します。すでにラフすぎる解答フレームは設問リーディングで記入してありますので、ここでは、与件文を見ながら、設問の制約条件を意識して、解答マスに記入するための解答を書き出します。因果について、まだ『二次試験で必須のロジカル・シンキング』の記事を読まれていない方は、まず、以下の記事をご覧ください。
[blogcard url=”https://www.shindanshi-shiken.com/logical/”]
では、具体的に過去問を使い、「解答フレームを因果で矢印書き」の方法について説明したいと思います。参考に、平成24年度事例Ⅱの第2問(設問2)について、解答フレームを因果で矢印書きしてみました。
中小企業診断士|二次試験解答手順
解答フレームを因果で矢印書きするコツは、できるだけシンプルな単語で書く点です。重要キーワードと換言できるでしょう。この段階で、「・・・だから・・・である。」といった文章で書いていては、解答を書く際に時間がなくなります。解答マスに字を書かなけれな0点ですからね。

単語で書くメリットは、時間を節約できることに加え、いざ解答を書く際に、ゼロから考えなくても解答がスムースに書けるという点です。この手法は、私は過去問を繰り返し解いて、受験生時代にあみ出したものです。

単語を書くときの留意点としては、なるべく与件文の内容と同じ単語を用いることです。因果で書けるケースと因果で書けないケースなど、設問により異なってくる可能性もありますが、因果を意識しながら、矢印で書くようにして、文章の流れをフレームで書くことが重要です。

この設問について、伝統的製法によるこだわり焼酎が加わったこと自体がメリットではなく、当該焼酎が加わったことで、製品ラインアップを充実できたことがメリットです。また、高い評価を受けたこと自体がメリットではなく、高い評価を受けたことで、営業成績が向上したことがメリットです。これが解答を因果で書く意味であり、重要なポイントです。『二次試験で必須のロジカル・シンキング』の記事で紹介している通り、設問で問われている本質を解答するべきです。

その他の矢印書きの例としては、「関係性強化⇒来店頻度向上」、「プロモーション支持⇒来店客数増加」などがあげられます。

解答手順5解答フレームを基に考えながら解答を書く

あとは、解答を解答マスに書くだけです。なるべく丁寧な字で書くようにしましょう。私は解答する際、手が震えてうまく字が書けなかった思い出もあります。

前段階の解答フレームは、すべての設問について出来上がっていますので、書き出した単語=重要キーワードをもとに、与件文の該当する箇所をもう一度見て、当該解答フレームに修飾しながら文章をつくりあげていきます。このように文章を作り上げていくと、しっかりと解答文字数の範囲内におさまるようになります。何度も練習してみましょう。

ちなみに、平成24年度事例Ⅱの第2問(設問2)について、上で記載した解答フレームをもとに、与件文を見ながら修飾した解答例は以下のとおりです。

メリットは、1.伝統的製法という個性を持つこだわりの焼酎が加わり、製品ラインアップを充実できたこと、2.共同開発製品が全国の飲食店から高い評価を受け、飲食店市場に対する営業成績が向上したこと、である。(98字)

解答手順まとめ

解答手順をまとめると、以下のようになります。

設問リーディング

与件リーディング

設問ポジショニング

解答フレーム矢印書き

解答を書く

以上の解答手順を試験時間の80分で行います。解答を書くときも、やはり与件が気になり考えながら書き、かつ、字も緊張しながら丁寧に書きますので、ある程度必要です。初めてこの解答手順に挑戦される方は、【解答手順1】設問リーディングから【解答手順4】解答フレーム矢印書きまでを40分、【解答手順5】解答を書くで40分として過去問に取り組んでください。

筆者の場合

ここで参考に筆者の場合を記述しておきます。筆者の性格上、解答を書くときにどうしても考えてしまうクセが抜けきれませんでした。また、何度も過去問で練習し、解答手順を確立していくうちに、設問リーディングから解答フレーム矢印書きまでを、40分弱でこなせることに気づきました。

そのため、筆者は、【解答手順1】設問リーディングから【解答手順4】解答フレーム矢印書きまでを38分、【解答手順5】解答を書くを42分のタイムスケジュールを確立しました。何度も過去問を解いているうちに、自ずと時間間隔をつかめてきます。自分なりの解答手順を確立したら、冒頭でも説明したように、出来不出来に関わらずそのタイムスケジュールを遵守するようにしましょう

にほんブログ村に参加しています。
ぜひ、1ポチしていただけると幸いです。
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ
にほんブログ村
ABOUT ME
診丸(しんまる)
診丸(しんまる)
中小企業診断士の診丸(しんまる)です。 平成23年に中小企業診断士一次試験合格、平成24年に中小企業診断士二次試験に合格しました。 受験中はサラリーマンで、プライベートでも結婚という一大イベントもありながら、私のような普通の人が2年で中小企業診断士試験に合格した勉強法を中心に診断士の全てを紹介します。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です